良い加減にいい加減

簡単なことをめんどくさく云う

俺メロディを聴く女

上田さんの主演舞台
「新世界ロマンスオーケストラ」
東京、大阪公演無事完走おめでとうございます。

東京楽日にお声をかけてもらって観劇してきました
これが私の初日&楽日でした

プレイボーイ?
破天荒なミュージシャン?

あんな子供みたいな心を捕まえて何を言う

感情的に言葉を吐き捨てたり、猫なで声で女性をあやしたり
なかなかにレアな上田さんが満載でした

お話の内容には余り触れませんが、最初と最後でレナの印象がああも変わるとは…
声質が神経質な感じだったから尚更に驚き

あとファンファンかわいい!ランランもモチロン
呼び方が家政婦でもお手伝いさんでもなく『女中』ってのに萌えました、まる



そして拓翔は

ワガママだなーと思いました
狡いなーと思いました
弱いなーと思いました

でも、変わらないで欲しいとも思いました


音楽の為に生きる
音楽の為に選ぶ
音楽の為に捨てる


それは強さだと思ったし、弱さだと思った

イントロ
メロ
サビ
間奏

揺さぶられる感情と溢れる音
それを捕まえて組み立てて心を乗せて

それを生み出す為に必要なものが安らぎでないと分かった時の葛藤はいかほどかと


拓翔という名前
タクト(指揮棒)を振ること
操っているようで周りに振り回されて事件は起きる

拓翔のダンス、とても好きです
笑顔で音を捕まえて
軽やかに踊る姿はとてもピュアだったから

拓翔の歌も、とても好きです
そこに彼の心が有るのがわかるから
本音を云えば、もっとちゃんと聴きたいので音源を下さい
マリオットブルーはMV付きでお願いします



音を産み出すキッカケをオンナに求めた拓翔


そのキッカケには勿論なりえなくとも
あなたの音を求めるオンナがここに居ることを知って欲しい
作品はそれを受け取る側がいるからこそ、てしょ?
そしてレナの台詞を借りれば『もうこれ以上私を強くさせないで欲しい』
信じるのは、待つのは、とても勇気がいるんです



つまりは

上田竜也の音を聴く、踊りを観る、心を感じる
そんな現場を下さい!!!

KAT-TUNの現場を下さい!!!